2017年03月23日

干支ひとめぐり 〜縁と人めぐり〜

こんにちは(・∀・)

ニャカツです。


季節が巡るのは本当に早いもので平成28年度も残りわずかとなりました。

毎年、この時期になると時間の大切さをしみじみと感じます。



さて、皆さんご存知の『干支(えと)』

01.干支.png

今年は酉()年ですが、大自然に囲まれた柳谷では、

虎、馬、羊以外は割と見ることが多いです。

竜だけは動物園でもあまり見た事がありませんね。

ボールを7つ集めたら見れるかも知れません。


それぞれの動物に1年を当てはめて12年で

干支が1周すると言われています。

えーと、何の話でしたっけ?



そうそう、今日は柳谷小学校が作成した素晴らしい冊子

『柳谷小学校 干支ひとめぐり』

をご紹介させていただきます。

02.表紙.JPG

こちらの冊子、あまり出回っていませんので目にされた方は少ないかも知れませんが、先般ご紹介した『温故知新』に引き続き、門屋校長先生の情熱がこもった冊子なのです。

まずはその熱い思いを感じるために、冊子の冒頭に書かれてあった門屋校長先生の文章を一部抜粋したいと思います。


私は今までの勤務校で、まずその学校の歴史や地域の特色を知る事を心がけてきました。それまで知らなかったことを知るというのはとても楽しいことです。また、知ったことを誰かに伝え多くの人に知ってもらうのも楽しいことです。

私が着任した平成27年4月、それは柳谷中学校が閉校した直後であり、柳谷小学校創立11年目でした。こうしたタイミングで着任したことの意味を自問自答する中で出した答えの一つがこの冊子を作ることでした。

どこの学校にも『沿革誌』という記録簿があります。しかし、そこに記載されるのはその時の『事実』だけであり、人々の『思い』までは書かれません。

この冊子のページをめくることで、忘れかけていた過去の一場面を思い出して、懐かしんでほしい…そんな思いを込めて作成いたしました。


かなり抜粋しまくりましたが、思いは伝わったでしょうか。

ニャカツの文章力ではこの辺りが限界なので、興味を持たれた方、また門屋校長先生の熱い思いに胸をうたれた方はぜひ冊子を手に取ってじっくり読んでいただきたいと思います。


さて、門屋校長先生と言えば、昨年の『柳谷小学校同窓会』を実施したり、先般ご紹介した『温故知新』を発行されたりと、素晴らしい取り組みを次々にされている方です。この冊子もカドヤノミクス3本の矢の1本でしょうか。



早速、冊子の内容について見ていきたいと思います。


まずは、校訓・校章・校歌の写真です。

03.校旗・校歌.JPG

柳井川・西谷・中津小学校の統合により誕生した柳谷小学校。

校訓については、旧3小学校の校訓を参考にして作られています。

なお、意外と知られていませんが、旧3小学校の校訓碑は柳谷小学校に移設されています。興味のある方はぜひ見に行ってください。


また冊子には校章・校歌が出来るまでの歴史について、門屋校長先生がいろいろと調べた結果が掲載されています。校歌が出来るまでの経緯やそこに込められた思いを知ることで、校歌の魅力も更に深まることでしょう。

さらに、冊子には開校からの12年間の歴史が刻まれており、その年にあった主な出来事なども掲載されています。

まさしく 『柳谷小学校 干支ひとめぐり』ですね。


これは昨年の記録。柳谷小学校同窓会の写真も入っています。

04.同窓会.JPG 

また、この12年の歴史の中で柳谷小学校を支えて来られた歴代の校長・教頭先生や現在柳谷小学校に勤務されている先生方の思いがこもった素晴らしい執筆原稿も掲載されています。


そして、最後は柳谷小学校に通う児童たちが書いた作文。

児童たちが『柳谷小学校での思い出』を書いた作文には、それぞれの視点から見た柳谷小学校の魅力が書かれており、改めて柳谷小学校の素晴らしさを感じられる内容となっております。



最後に『あとがき』から少し抜粋させていただきます。


学校が存続していくことはあたりまえではなく、とても『有り難いこと』『重要なこと』です。

柳谷小学校校歌は、三番の最後で『永遠の柳谷小学校』と歌い上げますが、『永遠の』という言葉にとても重みを感じます。幾多の統廃合を経て創立されたこの柳谷小学校がこの歌詞のとおりに『永遠』であることを願います


このあとがきに、門屋校長先生の思いが全て詰まっているような気がします。

地域において、学校の存在は本当に大きいです。この素晴らしい柳谷小学校を次世代に繋ぎ、永遠に残していくためには地域の方一人一人が学校の魅力を知り、学校と地域が一体となって学校の維持・存続、ひいては地域再生に取り組んでいく必要があるのではないでしょうか。


ということで『柳谷小学校 干支ひとめぐり』 を紹介させていただきました。

この素晴らしい冊子、まだいくつか残部があるそうです。

もし、興味のある方がおられましたら、柳谷小学校にお早目にお問い合わせください。



そして、最後に重大なお知らせをさせていただきます。

DSC_0107.JPG 

環境の変化と申しますか、諸般の事情により、ニャカツブログは今月末をもって終了となります。


私自身、ブログを書くというのは初めての経験でした。

『これ、出しても大丈夫かな…』とヒヤヒヤしながら出した記事もいくつかあります(笑)

けれど、皆さんが温かい目で見守ってくださったこと、本当に嬉しく思います。


光が当たれば必ず影が存在するように、どんな物事にも裏方で支えてくれるたくさんの人たちがいます。このブログを通じてイベントの裏表を知る中で『支えてくれる方々』のありがたみをしみじみ感じる事が出来たことも貴重な経験でした。


拙い内容であり、間違い等もあったかも知れませんが、私なりに一生懸命にやってきたつもりです。私のブログを通じてこの素晴らしい柳谷地域の魅力を少しでも皆さんに伝えることが出来たのであれば嬉しく思います。


私がこのHPに携わったのは『干支ひとめぐり』の12年には満たない4年間でしたが『縁と人めぐり』はたくさんさせていただくことが出来ました。

今、私がこうして原稿を書いているのもきっと何かの『ご縁』の導きでしょう。当HPを通じて生まれた皆さんとの繋がりは何者にも代えがたい宝物ですし、柳谷地域の人・魅力をたくさん知ることが出来た私は本当に幸せ者です。


HPは生き物です。いつ見ても変化が無ければ見る人も飽きてしまいやがては見なくなることでしょう。そして地域のHPを作っていくのは地域の皆さん一人一人です。これからはぜひたくさんの方にこのHPに関わっていただき、このHPをそして地域を盛り上げていただきたいと切に願います。


最後になりましたが、情報・写真を提供してくださった皆様、意見・要望をくださった皆様、そして、温かいコメント・声掛けをしてくださった皆様。中にはお会いした事の無い方もたくさんおられますが、皆様に支えていただいて4年間の活動を続ける事が出来ました。

今は皆様への感謝の気持ちで胸がいっぱいです。

最後は私が一番好きな感謝の言葉で締めくくりたいと思います。


皆様、長い間、本当にありがとうございました!!



2017年3月23日  ニャカツ
posted by ニャカツ at 09:25| Comment(16) | 日記

2017年03月13日

縁  〜幾多のご縁に感謝〜

こんにちは。
ニャカツです(・∀・)


少し遡りますが、3月9日は感謝の日です。

39 (Thank you) の語呂合わせですね。

あなたの周りにいるたくさんの方に感謝を伝えるには最適の日です。


そして、この良き日に 小坂侑平君が入籍 されました。

小坂君といえば、柳谷若志会の会長として柳谷の地域おこしを一生懸命頑張っている将来有望な青年です。

そんな二人が出会ったきっかけは何と『柳谷若志会!!!』


柳谷若志会や地域の消防等で生まれた ご縁 が始まりだと聞いています。

二人の出会い等の詳細は、二人を良く知る『ある方』から後程、ご紹介いただきます。



まず、こちらは入籍届を提出に来た二人の様子です!!


…と言いたいところですが、恥ずかしがり屋のお二人なので、

アップの写真はカットさせていただきます。

代わりに小坂君からこちらの写真をご提供いただきました。

1489311399710.jpg

結婚指輪をつけた侑平君と藍ちゃん(奧さん)の手です。

ク〇ィのCМに出てきそうな写真ですね。

この指輪をつけるまでに、きっと二人には数々の素敵な物語があったのでしょう(遠い目)



なお、この日を入籍日に選んだ理由は、レミオロメンの『3月9日』という曲が好きとのこと。

この3月9日、最近では学校の卒業式などでも歌われ、卒業ソングとして定着していますが、実は友人の結婚式のために作った歌で『結婚ソング』だったという裏話があります。

何でそんな話を知ってるかって、それはニャカツの持ち歌だからですよっ()

レミオロメンと言えば度々、ネタで使わせていただいている『粉雪』を始め名曲が多いのでオススメです。今は活動休止中ですけどね()



はい、いつものパターンで脱線しましたが、小坂夫婦は現在、町営住宅や地元での新居を検討中とのことです。

柳谷は地域の人も温かいのでサポート体制はバッチリです。藍ちゃん、安心して柳谷に嫁いできてくださいね(^^)



そして、ここで二人の恋のキューピッドでもある 鎌腰有美さん (藍ちゃんの従姉妹) から温かいお祝いのメッセージが届いておりますので、ご披露させていただきます。


『ご縁』


私達が二年前に沢山の移住候補先の中から、中津への移住を決めたのも小池夫妻とのご縁。その縁をこうしてまたお二人に繋ぐ事になり、本当に人生には不思議なご縁があるのだと感じました。


私をいつも娘のように気にかけてくれる叔母の長女である藍ちゃん。私が勝手に妹のように感じている藍ちゃん。その藍ちゃんと侑平君との出会いもまさしくご縁でした。

柳谷若志会で知り合い、消防団のポンプ操法で主人と共に1番員として練習に励んだ侑平君。大会後の打ち上げで我が家でゆっくりお話する中、彼の誠実な人柄を目の当たりにし是非とも藍ちゃんに紹介したいということになりました。

後日、我が家で顔合わせ。すぐに二人が意気投合し、それからは正にトントン拍子。この出会い、ご縁には本当に感謝しかありません。


柳谷地域の皆様、これからこの若い二人をどうぞよろしくお願いいたします。

また私達も皆様と一緒に、柳谷での暮らしを楽しみながら日々精進して参りたいと思います。



とのことです。

有美さん、心温まる素晴らしいコメントをありがとうございました。


ここで懐かしい写真を1枚掲載します。

かまこし.jpg

鎌腰夫婦が来られたのがちょうど2年ほど前。

まだ小さかった子供たちも今ではスクスクと成長しています。

小坂夫婦、これから 鎌腰夫婦のような明るく楽しい家庭 を築いていってくださいね。



最後に小坂君からコメントをいただきましょう。



私事ながら今般、入籍いたしました。紡ぎ紡いでいただいたこのご縁。

世帯としてまだまだ日も浅く未熟者ではございますが、良き夫婦、良き家庭を築いていくことが皆様、故郷への恩返しだと思いこれから精進して参りたいと思います。

今後も妻共々、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。



ご縁や地域への感謝。また良き家庭づくりへの前向きな気持ちが言葉に溢れています。

有美さんも言っていた小坂君の誠実な人柄が滲み出るようなコメントですね。

二人の今後が本当に楽しみです!!



こうして柳谷地域にまた新しい夫婦が誕生しました。

柳谷地域にとってはこの上無いニュースです。



今回の件を受け、移住者募集も大切ですが、同時に地元の若者の婚活を進めることも大切な事だということを改めて感じました。

そうだ!柳谷若志会でも婚活イベントをやってみますか?

もちろん小坂会長は参加出来ません()



いつも当HPをご愛読くださっている皆様に感謝の気持ちを込めて、おめでたいニュースをお伝えしました。

柳谷地域の皆さん、これから小坂夫婦をどうぞよろしくお願いいたします(^^)

posted by ニャカツ at 09:44| Comment(2) | 日記

2017年03月03日

温故知新 〜素晴らしい柳谷小学校〜

温故知新

昔の事をたずね求め(=温)て、そこから新しい知識・見解を導くこと。






えーと、何の話でしたっけ。


あっ、まずはあいさつからですね。


どもども、ニャカツです(・∀・)


今日は3月3日 ひまなつり…もといひなまつりですね。

さっき、グーグルを開いたらグーグルの画像もおひな様でした!



さて、久万地域では商店街を中心に『くままちひなまつり』を開催しております。

それぞれの店舗や施設で工夫を凝らした飾り付けがされておりますので、皆さんもぜひ一度ご覧になってください(^^)

001 国体ラグビー大会.JPG

国体に向けてラグビーをするお雛様。

少しボールが大きいですが大丈夫でしょうか…。

いろんな意味でトライした展示だと思います♪


皆様のイメージするひな段に乗った正統派のお雛様だけでなく、こうした工夫を凝らした楽しいお雛様がたくさん飾られています。

こちらはグラウンド・ゴルフでしょうか。

002 明後日グラウンドゴルフの講習会 5月には大会.JPG

グラウンド・ゴルフといえば、明後日、3月5日に体験講習会が5月21日にはえがおつなぐえひめ国体のデモスポが開催されるそうです。

グラウンド・ゴルフは非常に楽しい競技愛媛県の愛好者は6,000人以上とか…。

これからブーム到来の可能性もありますので、良かったらどんなスポーツか見学に行ってみるのも良いかも知れません



さて、今日は温故知新についてお話します。
といっても四字熟語の解説ではありません。

柳谷小学校の門屋校長先生が、先日、素晴らしい冊子を作ってくださいました。そのタイトルがズバリ『温故知新』なのです。

1.JPG


この冊子の中には、今の柳谷小学校の前身にあたる3小学校(柳井川小学校・西谷小学校・中津小学校)の校旗の写真や概要(一部推測含む)が掲載されています。

皆さんが昔通った懐かしい柳井川小学校・西谷小学校・中津小学校の校旗。

思い出せますか?思い出せない方はぜひこれを見て懐かしい母校の小学校を思い出してあげてください。


2.JPG

あまりキレイに撮れませんでした(泣)


そして、この冊子には旧3小学校だけではなく、戦前の『柳谷第一尋常高等小学校の校旗』『久主尋常高等小学校 優勝旗』などのお宝も掲載されています。

3.JPG

お宝ではありますが、某鑑定団には出しません。


温故知新には掲載されていませんが、歴史の1ページということで、
ここでお懐古さんからコメントいただいた ヤ小ナについて、
門屋校長先生に提供いただいた激レア画像を追加しておきます。
DSC_0478.JPG
堂々と選手宣誓を行う 『三本靖二』 さん。
ご存じ、三本一雄さんの息子さんです。

昔の写真をスキャンした物なので画質は悪いですが、
体操服の胸元のマークが見えるでしょうか。
カタカナの『ヤ』『ナ』を斜めにした<>に小が囲まれ、
ヤナ小(柳井川小学校)を表しています。
当時の方はよくこんな事を思いつきましたね!
本当に素晴らしいセンスだと思います!!

なお、写真の掲載について、ご本人さんの許可はいただいております。
(門屋校長先生から確認していただきました)
三本さん、掲載について快諾いただきありがとうございました。
そしてお懐古さん、貴重な情報提供をありがとうございました。
卒業生の方からこうした情報が寄せられる事、
それを通じてまた繋がりが出来ていく事は本当に素晴らしい事だと思います。


 

なお、温故知新は各公民館だけでなく、柳谷地区の金融機関(郵便局・JA)や社会福祉協議会など様々な施設に配布しています。ぜひ、皆さんでご覧いただき懐かしい思い出に浸ってくださいね。


また、ここに写っている懐かしい学校旗は柳谷小学校で大切に保管されています。

更に柳谷小学校では昔のアルバムなども取り揃えておりますっ!!!

せっかくの機会なので柳谷小学校にある素晴らしい展示物の数々について紹介させてもらいますね。


まずは2階から見てみましょう!!

ここは旧の柳谷中学校職員室、現在は改装して『柳谷地区メモリアルルーム』となっております。

4.JPG

ここには、閉校した旧3小学校及び柳谷小学校のアルバム、久万高原町の閉校記念誌、柳谷小学校の卒業写真などを展示しています。



 

昔懐かしいアルバムを見ながらゆっくり童心に帰れる場所となっています。

5.JPG

広い部屋にたくさんの机が並んでおりますので団体で来ていただいても大丈夫ですよ。同級生や近所の方とお誘いあわせの上、ぜひお越しくださいませ。


 

その隣の元中学校の校長室には、柳井川小学校・西谷小学校・中津小学校の校旗が飾られていました。3校の歴史を見守ってきた校旗たちが堂々と並ぶ姿。その佇まいには歴史の重みを感じます。

6.JPG



続いて3階に上がってみましょう。
と、ここで階段の踊り場にある掲示物が目に留まりました!!!7.JPG

ここでは若藤唯さんの活躍が紹介されています。

唯さんについては以前にもこのブログで紹介させていただきました。

全国大会でも何度も優勝経験のある唯さん。現在高校2年生でオリンピックの強化指定選手となっており、今月の19・20日に日本武道館で開催される全国高等学校柔道選手権大会にも団体・個人(57s級)で出場を予定しております。

唯ちゃんが日の丸を背負って戦う姿を見るのもそう遠くないかも知れませんね(^^)


柳谷小学校卒業生の活躍は在校生、そして柳谷地域にも大きな希望を与えてくれます。2020年の東京五輪では、ぜひ、若藤唯さんを皆で応援したいですね!

若藤唯さんの以前の紹介記事はこちら↓
第45回 全国中学校選手権大会 優勝

『若藤唯・ニャカツ』などで検索してもらってもOKです。


そして、3階に上がってみましょう。


まずは、元の中学校美術室、ここは何と『アートギャラリー』に!!

鈴木武義氏(大窪谷出身)の彫刻作品や、西谷小学校の木工作品・賞状など、見て、触れて楽しめる作品が多数並んでいます。
8.JPG
(注) 壊すのはダメです。

鈴木氏の彫刻作品は胸像・レリーフなど、様々な作品があります。

これらの作品は以前に中津小に展示していた事もありますが、管理の問題などからこちらに移転してきました。
9.JPG
様々な作品がありますね。子供たちの感性を育てる上でも『本物』の作品が身近にあるのは素晴らしい事だと思います。
詳しくは分かりませんが、この中には高額な物もあるのではないでしょうか。


そして、西谷小学校の歴史を語る上で欠かせないのは全国で賞を取った木工作品の数々。

ニャカツが一際目を惹かれたのが右側の作品 『木材出しのれきし』 です。

10.JPG

自然の中で木材を搬出してきた先人たちの知恵や苦労を見事に表現した作品で、見事農林水産大臣賞を受賞しています。

西谷小学校は木工作品に非常に力を入れており、文部大臣や各種大臣賞を受賞し新聞にも度々登場していました。雄大な自然の中でのびのび育った子供たちならではの着眼点・発想がこうした素晴らしい作品を創り上げたのではないでしょうか。正に地域の誇りですね。


お、この木工作品を作った方の中には今も西谷地域で活躍されている方もおられますよ。さて、誰でしょう(^^)



ここで廊下の展示物に目が留まりました。
11.JPG

これは柳井川小学校の音楽コンクールの歴史ですね。

柳井川小学校は音楽に非常に力を入れており、NHK主催の音楽コンクールの常連校だった歴史があります。中予大会では強豪校として名を馳せ県大会でも銀賞・銅賞を受賞しております。

12.JPG

柳井川の児童たちが奏でる美しいハーモニー。
残念ながら当時の音源を聞く事こそ出来ませんが、当時の子供たちをよく知る地域の方に話を聞くと、本当に素直で一生懸命な子供たちでその練習する姿や歌声は本当に素晴らしかったと言っておられました。


そして、旧中学校の1年教室は柳谷郷土室になっています。
『温故知新』と同内容のものを、少し大きめの写真で紹介しています。
13.JPG

また、柳谷村時代の航空写真や地図、昔の道具などを展示しています。14.JPG
柳谷の歴史を紐解いた後は文化や地理について学んでみるのも楽しいと思いますよ。
この部屋には 『やなだに』 がギッシリ詰まっています。

尋常小学校の教科書 とても貴重な物です。問題文の言い回しなども今とは違いますし、教科も算数ではなく算術という名称になっています。

15.JPG

あれっ、横向きになってしまった(・∀・`)

たまに写真の投稿がうまくいかない事があります。

まだまだ勉強不足ですね。



最後に、旧中学校2年教室。こちらは柳谷中学校のメモリアルルームとなっています。閉校した柳谷中学校の校旗、卒業写真、アルバムなどを展示しています。

16.JPG
柳谷中学校の校旗。写真では分かりにくいですがメチャメチャ大きいです。


その他にも数々のアルバム・写真・トロフィーなどが飾られています。17.JPG
平成27年3月に惜しまれながら閉校となった柳谷中学校。しかし、柳谷中学校の歴史は確かにここで息づいています。

感動的な閉校式の様子を見たい方は下記をご覧ください。

柳谷中学校閉校式 http://nakatsu-ehime.sblo.jp/article/115976349.html

『柳谷中学校・閉校』で検索いただくとニャカツのブログや当時の動画(Youtube)も出てきます。


このほか、廊下や階段に設置された掲示板には柳谷地区ゆかりの写真や新聞記事、柳谷小学校の卒業制作などが掲示されています。
こちらも非常に見応えがありますよ。写真はあえて載せずにお楽しみにしておきます(・∀・)

 


温故知新…昔の事をたずね求めて、そこから新しい知識・見解を導く。


昔の記録に触れ、懐かしい記憶を呼びおこすことで、初心に帰ったり新しい自分を発見することが出来るかも知れません。


『柳谷小学校』はいつでも地域と共にあります。

柳谷地域の皆様、卒業生の皆様、ぜひとも柳谷小学校に気軽に足を運んでいただき懐かしい気持ちに浸っていただきたいと思います。



最後に、柳谷幼稚園・小学校の子供たちを見ていつも思う事…それは一人一人キラキラ輝いているということです柳谷小学校に通う子供たちは全員が主役です。小規模校だからこそ、全体に目が行き届き、一人一人にスポットが当たります。

学芸会や運動会、一人一人に与えられた出番は多いですが、それを当たり前にこなす事で子供たちは確実に実力と自信をつけ、日々成長しています。

そして、人数が少ないからこそ皆が助け合う事が当たり前になっていることも素晴らしいと思います。柳谷の子供たちは皆互いを思いやる優しい心を持っています。


門屋校長先生が、昨年12月の幸福学習会で講演してくださった際、『厳しい環境でこそ本物は育つ』 との言葉がありました。

18.JPG

これは門屋校長先生の経験にも裏打ちされた言葉なのでしょうが、たくましく優しく育つ柳谷幼稚園・小学校の子供たちを見てその言葉の意味に納得しつつ、柳谷の教育環境は本当に恵まれているなあ…。と嬉しく思います。


 

ここ数年、柳谷では結婚ラッシュが続いています。数年後にはベビーラッシュが訪れるのかも知れませんね。

希望の光は地元で着々と育ち始めていますし、もちろん子連れの移住者も引き続き募集しています。


この素晴らしい柳谷小学校をこれからも地域で守り続けていきたいですね(^^)


 

それではまた。ニャカツでしたっ(・∀・)

posted by ニャカツ at 15:40| Comment(11) | 日記