2019年01月31日

西村大師堂しだれ桜再生計画〜移植前周辺整備


1月22日に西村大師堂しだれ桜の植栽作業の関係で、

大師堂周辺の支障木伐採の打ち合わせがありました。
支障木とは、、、

読んで字のごとく、
植栽作業をするにあたって支障のある木ですね。

DSC_1519.JPG

文隆さんと修一さん が主な伐採作業(大師堂周辺整備)
と植栽作業を行うようで、
中野榮さんに支障木の伐採について確認しながら
打ち合わせをすすめています。

DSC_1521.JPG

天候にも恵まれて。。。
景色も良くて気持ちいい気候でした
(*´▽`*)晴れ晴れ〜


DSC_1522.JPG

これどうするかの〜

的なことを話してみんなで木を眺めています

DSC_1523.JPG

DSC_1524.JPG

DSC_1525.JPG

DSC_1526.JPG

支障木として伐採することになった木は
こうやって赤い紐をつけていきます。
現地に行ったら確認できますので、

興味のあるかたは大師堂まで
観に行ってみてください
(*^^)

DSC_1527.JPG

DSC_1528.JPG

大師堂前のこの森林は間伐なのか全伐なのか
決めかねているようです。

全伐の方が伐採は楽になりますが、
風を遮るモノがないと 移植した 

しだれ桜の

負荷にならないかという心配もありますね。

植栽作業は

2月22日〜24日に行う予定です。

※移植作業本番は24日のようです

中津さくら祭り の灯を絶やさぬために
植栽事業をみんなで協力、応援していきましょう
(*´ω`)ノ

posted by ニャカツ at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185473575

この記事へのトラックバック