2019年02月07日

西村大師堂周辺整備  中津木こり部隊出動〜支障木伐採作業開始@


2月4日

移植事業支障木伐採作業開始

8時30分 中津木こり部隊集結です!
(`・ω・´)ゞピシ

DSCN1793.JPG


DSCN1801.JPG

重機も準備OKですね。
羽澤建設から塚本さん(羽澤建設社員)も応援に
来てくださいました。

西村大師堂周辺整備 

作業者


羽澤修一 羽澤清二郎

塚本明 ※羽澤建設社員 

矢野文隆 大野哲夫 西森福喜

佐賀繁志 大江幸弘 崎山健二

稲田稔久 中村裕範 鎌腰雄一

藤原義志 升田武志 西森强

DSCN1770.JPG

切り株です(・∀・)
作業開始するときにはもうすでに伐採されていました。
僕自身が撮影をはじめる前に作業はすすめられていました。

DSCN1773.JPG

DSCN1804.JPG

DSCN1807.JPG

DSCN1808.JPG

DSCN1818.JPG

トラックがズラリ。
地域の為にこれだけたくさんの人が
集まっています。


DSCN1819.JPG

DSCN1829.JPG

DSCN1836.JPG

切り倒した木の枝を切って形を整えています

DSC_1646.JPG

DSC_1636.JPG

機材や桜の木など、
破損させてはいけないモノがあるので、
切り倒す角度が大切です。
慎重に作業をすすめています。

DSC_1659.JPG

切り倒した木は市場へ持っていきます

DSC_1683.JPG

DSC_1670.JPG

この写真の木の上の方に
中津の木登り名人がいます
(・∀・)

西村組 常会長

藤原義志さんです

写真からわかる通りかなりの高所ですが、、、
凄い早さで自力で登ってしまいました。

ハシゴがかけられていますが、
これは登ってから立てかけられたハシゴです

藤原さんは元自衛隊員です。
さすがの身のこなしでした。
身体能力はまだまだ健在ですね。



※お墓が見つかりました。

DSCN1771.JPG

この写真の電柱の真下にありました。
それが、、、

DSC_1620.JPG DSC_1621.JPG

DSC_1623.JPG 

DSC_1622.JPG

木々に囲まれて完全に埋もれていましたが、
今回の伐採作業で表に出てきました。

文字を見ると、

文化 弘化 と書かれていました。

文化は 1804年〜1818年

弘化は 1845年〜1848年

ともに江戸時代のお墓ですね。
江戸時代はお墓を建てることが一般的に
なってきた時代でもあります。

西村大師堂に寄り添って建てられたお墓と
いうことですね
(*´▽`*)
posted by ニャカツ at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 西村大師堂 しだれ桜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185517649

この記事へのトラックバック