2019年02月08日

西村大師堂周辺整備  中津木こり部隊出動〜支障木伐採作業開始A

前回の続きです。


2月5日 8時30分作業開始

西村大師堂周辺整備 
中津木こり部隊出動〜支障木伐採作業開始A

DSC_1687.JPG

前日に引き続き支障木伐採作業開始です

作業者

羽澤清二郎 羽澤修一

羽澤拓也 矢野文隆

塚本明 ※羽澤建設社員

稲田稔久 中村裕範

中居恭博 西森俊雄

倉橋興一




DSC_1696.JPG

倒す角度調整が大変なので、
ワイヤーを使って慎重に作業をすすめていきます。
前日に続き、
文ちゃんが現場監督をしながら伐採作業も
行っていました。

DSC_1754.JPG

これは木を倒す角度を測っています。



木の伐採は力学じゃ


と!
文ちゃんの名言いただきました
(・∀・)ノ

伐採作業に2日関わっただけで、
あわやという危険な場面がいくつかありました。
林業は本当に命懸けの作業です。

林業が危険な仕事であるということが
わかったような気がします。

と同時に、
今回の作業で林業の楽しさ、面白さ、カッコよさを
知りました。


DSC_1732.JPG

DSC_1722.JPG

DSC_1740.JPG

DSC_1744.JPG

DSC_1781.JPG

DSC_1790.JPG

DSC_1800.JPG

伐採した木を重機で掴めるところまで
引っ張っています

DSC_1790.JPG



DSC_1813.JPG

そして夕方頃。。。



DSC_1563.JPG
before
DSC_1562.JPG
before

このように生い茂っていた木々が伐採され。。。

DSC_1811.JPG
after

休場がはっきりと見えるようになりました。

DSC_1814.JPG
after

こちらも手前の木々を伐採して、
敷地が広くなりました。
だいぶスッキリしましたね
(*´▽`*)

2月7日

伐採作業終了から2日後。。。

DSC_1622.JPG


DSC_1623.JPG

DSC_1624.JPG

伐採後にたまった木くずが
綺麗に片付いています。
羽澤建設がしっかりと
伐採作業後の周辺整備をしてくださいました。

DSC_1632.JPG

DSC_1642.JPG

DSC_1641.JPG

移植予定地の土堀り作業です。
メジャーでしっかり計測しながら作業をしてます。

DSC_1637.JPG

DSC_1643.JPG

2月24日の移植作業当日に向けての
足場作りです。
羽澤建設社長自ら作業を行ってます

DSC_1644.JPG

2月24日の移植作業に向けて連日にわたって
着々と準備が進められております。

当日は10時頃から移植作業開始です。
posted by ニャカツ at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 西村大師堂 しだれ桜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185523016

この記事へのトラックバック