2019年02月08日

西村大師堂周辺整備  中津木こり部隊出動〜支障木伐採作業開始A

前回の続きです。


2月5日 8時30分作業開始

西村大師堂周辺整備 
中津木こり部隊出動〜支障木伐採作業開始A

DSC_1687.JPG

前日に引き続き支障木伐採作業開始です

作業者

羽澤清二郎 羽澤修一

羽澤拓也 矢野文隆

塚本明 ※羽澤建設社員

稲田稔久 中村裕範

中居恭博 西森俊雄

倉橋興一




DSC_1696.JPG

倒す角度調整が大変なので、
ワイヤーを使って慎重に作業をすすめていきます。
前日に続き、
文ちゃんが現場監督をしながら伐採作業も
行っていました。

DSC_1754.JPG

これは木を倒す角度を測っています。



木の伐採は力学じゃ


と!
文ちゃんの名言いただきました
(・∀・)ノ

伐採作業に2日関わっただけで、
あわやという危険な場面がいくつかありました。
林業は本当に命懸けの作業です。

林業が危険な仕事であるということが
わかったような気がします。

と同時に、
今回の作業で林業の楽しさ、面白さ、カッコよさを
知りました。


DSC_1732.JPG

DSC_1722.JPG

DSC_1740.JPG

DSC_1744.JPG

DSC_1781.JPG

DSC_1790.JPG

DSC_1800.JPG

伐採した木を重機で掴めるところまで
引っ張っています

DSC_1790.JPG



DSC_1813.JPG

そして夕方頃。。。



DSC_1563.JPG
before
DSC_1562.JPG
before

このように生い茂っていた木々が伐採され。。。

DSC_1811.JPG
after

休場がはっきりと見えるようになりました。

DSC_1814.JPG
after

こちらも手前の木々を伐採して、
敷地が広くなりました。
だいぶスッキリしましたね
(*´▽`*)

2月7日

伐採作業終了から2日後。。。

DSC_1622.JPG


DSC_1623.JPG

DSC_1624.JPG

伐採後にたまった木くずが
綺麗に片付いています。
羽澤建設がしっかりと
伐採作業後の周辺整備をしてくださいました。

DSC_1632.JPG

DSC_1642.JPG

DSC_1641.JPG

移植予定地の土堀り作業です。
メジャーでしっかり計測しながら作業をしてます。

DSC_1637.JPG

DSC_1643.JPG

2月24日の移植作業当日に向けての
足場作りです。
羽澤建設社長自ら作業を行ってます

DSC_1644.JPG

2月24日の移植作業に向けて連日にわたって
着々と準備が進められております。

当日は10時頃から移植作業開始です。
posted by ニャカツ at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月07日

西村大師堂周辺整備  中津木こり部隊出動〜支障木伐採作業開始@


2月4日

移植事業支障木伐採作業開始

8時30分 中津木こり部隊集結です!
(`・ω・´)ゞピシ

DSCN1793.JPG


DSCN1801.JPG

重機も準備OKですね。
羽澤建設から塚本さん(羽澤建設社員)も応援に
来てくださいました。

西村大師堂周辺整備 

作業者


羽澤修一 羽澤清二郎

塚本明 ※羽澤建設社員 

矢野文隆 大野哲夫 西森福喜

佐賀繁志 大江幸弘 崎山健二

稲田稔久 中村裕範 鎌腰雄一

藤原義志 升田武志 西森强

DSCN1770.JPG

切り株です(・∀・)
作業開始するときにはもうすでに伐採されていました。
僕自身が撮影をはじめる前に作業はすすめられていました。

DSCN1773.JPG

DSCN1804.JPG

DSCN1807.JPG

DSCN1808.JPG

DSCN1818.JPG

トラックがズラリ。
地域の為にこれだけたくさんの人が
集まっています。


DSCN1819.JPG

DSCN1829.JPG

DSCN1836.JPG

切り倒した木の枝を切って形を整えています

DSC_1646.JPG

DSC_1636.JPG

機材や桜の木など、
破損させてはいけないモノがあるので、
切り倒す角度が大切です。
慎重に作業をすすめています。

DSC_1659.JPG

切り倒した木は市場へ持っていきます

DSC_1683.JPG

DSC_1670.JPG

この写真の木の上の方に
中津の木登り名人がいます
(・∀・)

西村組 常会長

藤原義志さんです

写真からわかる通りかなりの高所ですが、、、
凄い早さで自力で登ってしまいました。

ハシゴがかけられていますが、
これは登ってから立てかけられたハシゴです

藤原さんは元自衛隊員です。
さすがの身のこなしでした。
身体能力はまだまだ健在ですね。



※お墓が見つかりました。

DSCN1771.JPG

この写真の電柱の真下にありました。
それが、、、

DSC_1620.JPG DSC_1621.JPG

DSC_1623.JPG 

DSC_1622.JPG

木々に囲まれて完全に埋もれていましたが、
今回の伐採作業で表に出てきました。

文字を見ると、

文化 弘化 と書かれていました。

文化は 1804年〜1818年

弘化は 1845年〜1848年

ともに江戸時代のお墓ですね。
江戸時代はお墓を建てることが一般的に
なってきた時代でもあります。

西村大師堂に寄り添って建てられたお墓と
いうことですね
(*´▽`*)
posted by ニャカツ at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月06日

西村大師堂周辺整備 足場編


2月24日の西村大師堂しだれ桜植栽作業に向けて、
周辺整備がはじまりました。

2月1日 午前8時開始

作業者  羽澤建設社長 羽澤 清二郎さん
     羽澤建設専務 羽澤 修一さん
前日作業        羽澤 真由美さん    

社長と専務自ら現場に!!
(`・ω・´)ゞ

DSC_1549.JPG

DSC_1560.JPG

移植予定の場所まで距離があるので、
重機が移動・作業できるように足場を作って
いく作業です。


DSC_1547.JPG

DSC_1551.JPG


DSC_1553.JPG

修一さんが土を運んできて、
それを清二郎さんが土を下に落として
固めて、、、、

DSC_1558.JPG

このように土を盛って重機の道を作ります。

土を運んできたトラックは、
10回以上は往復しておりました。

DSC_1596.JPG

途中で文ちゃんが合流して打ち合わせです
3人の恰好を見てもらってわかる通り。
当日は寒波が来ていてかなり冷え込みました。

DSC_1576.JPG

土は修一さんがトラックで運んでいたのですが、、、
見てください。

このギリギリを。
大きい乗り物を数センチ単位で幅を見極める。
現場経験が相当ないとこれはできませんね
(;^ω^)す。。。凄いです

DSC_1607.JPG

DSC_1611.JPG

重機の足場が完成しました。
翌日ここに砂利をまいて完成です。

作業は昼過ぎまでかかりました。
真由美さんが途中で昼食に帰るように
さりげなく声をかけていたのですが、

しまいにしてからや〜(作業が終わってから)

と言って休憩もほとんど挟まずに
仕事をしてはりました。


お疲れ様でした。

移植作業に向けて足場・土台が完成しました。

次はいよいよ支障木伐採作業です。

DSC_1562.JPG

DSC_1563.JPG

この生い茂った木を間伐して少しスッキリさせよう
ということで、
次回のブログは

木こり部隊出動〜支障木伐採作業開始

です。(*´▽`*)

※前日作業 2月1日に撮影していた前日
DSC_1561.JPG

石垣の際に生えていた水仙を真由美さんが
安全地帯に植え替えていました。
これは前日作業で行っていたようです。
(*´ω`)お花は大切にですね。
posted by ニャカツ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記